アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年1月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

虚血性心疾患のひとつ

スプーンと薬

心筋梗塞とはいったいどんな病気なのでしょうか。
それは、虚血性心疾患のうちのひとつです。
心臓は1日に約10万回も収縮と拡張をくり返して、血液を体の全体に送り出すポンプの役割をしています。
この収縮と拡張をする心筋に、酸素や栄養分が含まれた血液を送っているのが、冠動脈と呼ばれる血管です。
これが、閉塞や挟搾などがおきて、血液の液量がさがって、心筋が虚血状態になり壊死することで発症します。
心筋が虚血状態に陥ってしまっても、壊死状態にまでいたらない前段階を狭心症と呼び、狭心症から急性心筋梗塞までの一連の病態を総称して急性冠症候群と呼ばれています。
これらの疾患は、高血圧または高脂血症などによる動脈硬化から進展することが多いです。

主な症状は、強い胸部の痛みまたは苦悶感が生じて、約15分以上持続しますが、虚血状態が解消されない場合は、数時間にわたって続きます。
冷や汗や徐脈、脈拍の上昇、血圧の低下、などを伴って、最悪の場合意識不明に陥ることもあります。
また、発症が原因で心室細動という不整脈をおこして、心停止状態になることもあります。
このような場合は一刻も早く救急車を呼び、救急車が来るまで、心臓マッサージまたは近くにあれば、AEDを使用して、救急蘇生をしてください。
ちなみに、75歳以上の高齢者や糖尿病などを併発している場合に、発症する患者の約20%の確率で痛みが無い無痛性のものをおこすことがあります。
痛みを感じない原因は、脳血管障害などの自律神経障害が多いと考えられています。

では治療法と予防法はどのようなものがあるのでしょうか。
まず前者について説明します。
症状に急性期と呼ばれるものと安定期と呼ばれるものがあります。
急性期の場合は原則絶対安静です。
発症後に不整脈が起こり死亡する危険性が高いためです。
そして、酸素吸入をさせるか、体の酸素消費を低下させるためにモルヒネを投与をします。
安定期では、急性期にインターベンションが成功すると、予後は保たれることが多いので、安静、内服加療が中心となり、高血圧や高脂血症などが並存することもあるのでこれらに対する、検査または治療が中心となります。
では、予防法についてです。
心筋梗塞は動脈硬化から進展することが多いため、生活習慣病のひとつとして、生活習慣の改善が大きな予防法となります。

オススメリンク

CTの設備

危険因子の除去

心筋梗塞は原因が生活習慣病が主なものですので生活を見直すことで予防ができます。
危険因子を除去することが重要になってきます。
高血圧、糖尿病、高コレステロール血症、喫煙、肥満が危険因子であり、これらを除去することが予防につながってきます。
まずは禁煙です。
喫煙は血管を細くする作用があるためです。Read more

シニア女性の後ろ姿

禁煙や食事、運動が大切

まず心筋梗塞とはどのようなものでしょうか。
心臓の周りには心臓を動かすための血液を運ぶ冠動脈いう血管が張り巡らされています。
この血管の壁にコレステロールが溜り、血管内が狭まることを動脈硬化といいます。
そして、その狭まったところに血栓ができて閉塞し、血流が途絶えた状態を心筋梗塞といいます。
これを予…Read more

額を押さえるシニア男性

病院へ行くべき症状

それでは、心筋梗塞の症状にはどんなものがあるでしょうか。
症状としてよく言われるものは、突然胸部に激しい痛みが起こり、15分以上経っても痛みが引かないというものがあります。
これは、身体を動かさずに安静にしていても起こる痛みなため、状況に左右されません。
もう一つの症状として、持続性の胸の痛みと共に動悸・息切…Read more

関連リンク